2006年06月12日

新フォーチュンクエスト12巻(その2)

※トラパス視点感想警報発令中


はい。トラップ救出作戦からです。

反対側からキットンやノルが救出に向かう中、パステルはルーミィ達と
ひそんで状況を見守ります。
トラを遠目に見つめて見守るパステルはなんかいいですね(´∀`)。
何がいいって
いつもと逆。
ええ、この一言に尽きます。
いつもはひたすらトラがパステル見守ってますからね。

その後もトラに最初の声かけるのはパステル。
ちゃんと声を聞きつけて確実に手を握りに入るトラップ。
ダンジョンの地熱とは別に熱くなって参りました。

だけど。
今度はノルとキットンが捕まって、トラップは「余計なことするな」と
不機嫌に。
もちろん、これも仲間を思いやってのセリフなんですけどね。
(ここはパステルonlyじゃなくて仲間かなぁと私は解釈。どうなんだろう)
ここではパステル、今までの不安や緊張もあって感情的になってしまいます。
いやもぅ、セリフと言い、うるっときてる感じといい、
これ好きな女の子にやられちゃたまりまへんよな、うん。

たまらなくなったトラは「憮然としてそっぼ」です。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
アンタは照れるとほんとわかりやすいよ……。

その後はオークモドキと合流です。
通訳って……。もうどこまでが敵なのか、んでもって
どこで人間の言葉覚えるのか、色々が謎すぎです、FQの世界。
ま、そんな中でも相変わらずパステルはトラップを見て、
トラップは肩をすくめてコミュニケーションとりまくりなので、
オールオッケーってことで。(おーい)

はい。
そんなこんなでオークモドキに先導されて進む中、
彼としては突っ込まずにいられません。
そう、マッピングネタを。
もうほんと大好きよね。
ラヴケンカするためには、確認しとかないとね。

しかぁし、その前に別の方向からモテてる盗賊。
トラップ的には「モンスターとは言え、もしかしてパステルがなんか
反応する? どうよ?」というところでしょうが、
残念。
反応薄めですから。
やっぱりモンスターじゃねぇ。
半魚人やら板やらに嫉妬するアナタとは違うんですのよ。('A`)

さらに、とどめのように次なる災難にあうトラップ。
でも、ここのトラップは男前です。
体張ってます。

その後、闘いから戻ったトラの背中をさするパステル。
ご褒美、ご褒美〜(´∀`)。
……なんだけど、こういう時にテレが出るのが、かの方。
払いのけちゃってます。
あーあー、もったいない。

が。

ここで。


見逃せない一言が。



モニノラちゃんがトラップの手を取ると、パステルが。


ちぇっ


と。
あ、あれ?
モンスター相手にもしやの嫉妬発動!?
キテますよ〜、キテますよ〜。
トラップの長年の努力がパステルの深層心理へのボディブローとなって
効いてきてますよ〜。
ゼンばあさんの言う「時が満ちる」がちょっとは近づいてきてるのか?
どうなんだ?
とか言いつつ、それがトラに伝わるのはまだまだ遠い先だろうに一票
入れたいと思う、あまのじゃくトラパシスト。


そんな静かな興奮を覚えつつも、話は進み、キットン新魔法獲得ッ!!
その名も……

プンスー魔法


_| ̄|○
私、電車の中で読んでたんですが、ここが第1回
「笑いをこらえろポイント」
でした。
なんなの、この脱力系ネーミングは!
さすがFQ!
魔法を唱える時も「プンスーーーー」です。
なんかこう、仲間由紀○の「トリック」にでも出てきそうな怪しさです。
そんな新魔法も使いつつ、ずんずん進みますが、

迷いました。
迷ったところで、さっきの伏線登場です。
マッピングネタよ、今こそ出でよーーーーッ!
ラヴケンカスターーーートゥッ!!

「聞きもされないマッパーじゃあ、あんまりかわいそうかなと」

って、単にからみたくてしょうがないク・セ・に。
そして、その作戦が見事に当たって嬉しいク・セ・に。

でもね〜、トラパシストとしても、これを見ないことには
FQを読んだ気がしなくなってきてるので、満足満足。

そんなラヴケンカをしていると、「ジェームラウ」さんご登場〜。
ルーミィの謎がまた1つ解けていきます。
ここからちょこちょことクレイ・ジュダとのつながりも見えてくるんですが
よ、読んでない……_| ̄|○。
早く読めばよかったーーー。本屋でなかなか見かけないからなぁ。
やっぱりamazonか……。

それはさておき、ジェームラウさんのお部屋でうろうろしているトラを
パステルが座るように言うと、トラは素直に座って肘をツンツン。
つまり、あれですか。
素直に座ったのはパステルの隣キープできたからですか。
さらにこの後のセリフ
「あんなすげえお宝を目の前にして、ジッとしてなきゃいけねえなんて
盗賊にとっては拷問だぜ」
は、「あんなすげえお宝」を「パステル」に変えても通じそうです。
だから何? と言われると、何も言えませんが(……)。
末期のトラパシストのたわ言です。

その後は順調に奇蹟の花を手に入れ、オークモドキ達ともお別れに。
モニノラちゃん……。これは伏線で、また会うことがあるって
ことでしょうか?
なんにしろ、「オマエ、イイ男」と言われて、トラが何も言い返さない
辺り、どーーーしちゃったんだ、という感じ。
こういうの(本気の求愛じゃなくて、このくらいのノリのもの)は
軽くいなすイメージだったんだけどなぁ。
パステルがいるから?

とにもかくにもダンジョンは脱出。ナリスアに向かうと……そこは火の海!
慌てて町に入るパーティだけど、いきなりそこへモンスター登場。
しかもパステルの目の前に。

こういう時はもちろん……



急いで戻ってきたトラップが引き寄せ



って、やっぱりキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
百発百中ですな。
ただ、そこでいつもとちょっと違うのが、さらに援護にきた人がいたこと。

そう、赤と白のシマシマクレイ!
しかもその上から竹アーマー装着

い、いや、この後の展開考えても絶対竹アーマーをつけて正解だとは
思うのよ。
思うけど、


挿絵に吹いた。(ごめん、クレイ)


電車の中で読んだ時の「笑いをこらえろポイント」その2
だったんだけど、
ここは明らかに私の顔は緩んでたと思います。
ぶっちゃけ竹アーマーが補正下着に見えましたからーーーーーーーっ!!

でも、ここのクレイはその格好さえのぞけば、かなり格好いいです。
ファイターな感じです。

んで戦い終わって、そのクレイと改めて再会を喜ぶシーンですが。


(;゚ Д゚)

ちょっ!!!!!!!

トラ、オマエっ!!!!

クレイを「抱きっ!」って!(ぶほっ)



実はFQはクレトラでした、なんていうオチじゃないでしょーーーーねっ!?
はい、ここ「笑いをこらえろポイント」その3でした。
もう、電車の中で読み始めた私が悪かったよ。
負けたよ。

しかし「竹アーマー+1」の力は底知れない。
高レベルモンスターに食われて無傷。
そこまですごいんだったら、もうこの先も新しいアーマー買うより
「竹アーマー+2」を狙った方がよろしいと思います。
見かけは目をつぶって。

この後のリンダとの会話も一見クレトラです(笑。
それは冗談としても、クレイも男を上げてきたなぁ。
この辺のやりとりは大人です。

そのクレイの脱出までのやりとりが明らかにされますが。
やっぱり来ましたか!
ギのつく人が!!
そしてやっぱりそういう反応ですか!!

トラップさん……。


あの盗賊を一瞬にして不機嫌モードにさせるには二文字の言葉を
発するだけでいいんですね〜。
どんだけわかりやすいんだよ!
パステルは別の理由くっつけてますが。
そりゃクレイに「残念ながら行ってしまった」と言われたら
「ふん、別にいらねえぜ」とも言いたくなりますわな。

なーーーんて、トラパシストがウッシッシと生暖かい笑顔を
している間に、ルーミィが例の病気に!!

ということでラストのその3へ続きます〜。



posted by うみ at 20:10| Comment(4) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想拝読させていただきましたー!!
表面上はトラパス少なかったですけど、やっぱりトラパスですよね〜。

それに感想のアップがはやくってびっくりです。やっぱり前おっしゃってた、ほかの方の感想が読めないからっていうのですか?
確かにそうですよね、私も短い感想なぞ書いたりしましたが、やっぱり影響されそうで、書く前にほかのサイトで感想は読めませんでした…。
終わったのでこうして急いでやってきたのですが(笑)
なんだか、知らず知らずに考えてたこととかがせばまっちゃうんですよね、ほかの方の感想を読んでしまうと…。
私のような短い感想でもそうなんですから、うみ様みたいな長い感想書こうとしたら、もっと大変ですよね…。
感想その3読むのも楽しみにしていますので、いろいろ大変でしょうが、頑張ってください!
Posted by 真菜 at 2006年06月13日 01:25
真菜様

こんばんはー!!
感想読んでいただいてありがとうございますー!
そうそう、なんだかんだ言って、もうどーにもこーにも
トラパスですよ!
大体、ポイント自体はこんなにあるのに「薄い」
と思ってしまうこと自体、進歩っちゃ進歩ですよね〜。

アップが早いのは、もちろん他の方のを早く読みたいというのが一番ですが、
ぶっちゃけると
まとめてないからです(笑。
話の順番通りにだらだらと書いてるので……。
でもなんだかんだ言ってこの3日間は会社帰ってからのほとんどの時間を
コレに費やしました。_| ̄|○
でも、読み返せば読み返すほどウシシシシと
堪能しちゃったので楽しかったです。
3もアップしましたので、よろしければどうぞ♪
コメントありがとうございましたー!!
Posted by うみ@管理人 at 2006年06月13日 22:24
お久しぶりです。そしてゴメンなさい。うみさんの感想文に感服しております。
私はそこまで気付かなかったデシタ(日本語変)
そういやー。そうだと納得したりと(^_^!)
修業してきます!(笑)
因みにクレイ・ジュダはまだジェームラウと出会ってません(本編では)のでご安心(?)を。
では、失礼します。
Posted by ぱんち at 2006年06月13日 22:39
ぱんち様

どうもどうも!
こんばんはー!
いやいや、気付いたというよりこじつけとか妄想が行き過ぎてる
だけです(笑。
ぱんちさんのところも読みましたー!
そうそう、りんごシーンは何気にオイシイですよね。
少女マンガの王道のようでしたよ。
たとえパステルにはそんな意識がカケラもなくとも。(…)
そして、おお!ジェームラウとまだ出会ってないんですか!
それは意外。
デュアンも未だ全部読みきってないし
13巻出る前には読み終わっておきたいなーと思ってます。
徐々に色々リンクしてきてますもんね。
コメントありがとうございましたー!!
Posted by うみ@管理人 at 2006年06月16日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。