2005年05月30日

新装版フォーチュンクエスト(2)

トラパス視点感想ですので、そのカップルはだめ、
カップリング自体だめという方はこの下は読まぬようお願いしますだ。









ハイ!という訳で他の本屋さん行って入手してきましたよ。


2巻でかなりキャラが固定された感じ。
ま、筆頭はクレイの不幸印だけど……。
最初読んだ時衝撃だったもんなぁ。リーダーでファイターなのにオウムかい!!って。
冒険者カードの書き換えっていう発想にもぶっとんだけど。
まさか車の免許みたいな方式だったとは!
でも妙に親近感湧くそういう設定がいいんだよね、FQは。

さてさてトラパスですが…。
相変わらず日常茶飯事レベル(=無駄に会話に入る、無駄に突っ込む)多し!
ただ注目すべきはパステルがぼぉーっとジュン・ケイのこと考えてると
それを遮るのはトラップなんすね、これがね。
3回ぐらいあったような。
よく見てらっしゃる(笑)

それと闘技場!ここもはずせないポインツだね、やっぱりね。
個人的にはトラップの「頭をコツン」→「さっきのお返し」がイチオシ!
とにかく構いたいのね。わかるよ、わかってるよネーサンは!

そしてやはり見所はサラスとの対決。
ヒャッホー!かっこいいよ、トラップ!!
口下手な分、そういうところで見せ場をつくって
どんどんパステルを無意識に「恋のステップ」へ駆け上がらせていくんだぁっ!!
(何者…)


ミニストーリーは前後編になっているので、次回にまとめて…。


つか今更だけど、これって感想になってるんだろうか……(遠い目)


posted by うみ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。