2005年06月13日

新フォーチュンクエスト(2)

※トラパス視点感想警報発令中








さぁ、新シリーズ第2巻!
今回もトラパスではじまります♪
しかもトラパシスト大好物の「迷子ネタ」。
「探さなきゃなんねー」ってその役を他メンバーに譲らないのはどーして?どーして?(ニヤ

で、ストロベリーハウスに入る訳ですが、パステルは恐さのあまり
トラップの袖をひっぱります。
でトラップは→「この状況を楽しんでいるみたいなニヤニヤ笑い」。
あれですね?おばけ屋敷で女の子がキャー!って抱きつくのを嬉しがる男子状態ですね!!
グッドです。青少年としてかなりグッドです。

その後ギア引き連れて、キットン族の証クエストへ。
立体倉庫番迷路ではしがみついたり、気づくと横にいたりといつものほのぼのトラパス
なんですが、きますよー、きますよー。

トラップ、最強のライバル認識するの巻!!
すいません。テキスト中で初めてデカイ字にしちゃいました…エヘ
(ちなみに「最大のライバル」はクレイかと。クレイというよりクレイに対するコンプレックスというべきか)

「んじゃ、一番うるさいのから行こうか」って、彼なりに手だけはエスコートして
あげよう
って頑張ったのに、説得した途端にギアにお姫様抱っこですよ!
そりゃもう「余計なことすんなよ!」ですね。
でもパステル本人はギアの肩にかじりついちゃって…。
もう嫉妬魂に火を点けるには充分すぎる状況。うはっ!(喜ぶな)
「勝手にしろ」っていうセリフも色んな意味含んでて、いいなぁ。

ここから、トラップはギアに闘争心ムキだしです。
パステルにも冷たい目。
なのに、本人すぐ立ち直るどころかギアにヒールしてもらってるし…。
もうトラップ的には大激震
今までパーティでバランスよくやってきて、クレイというライバルならまだしも
外部からいきなりの侵略者。
彼の心ん中はもう色々な感情がぐるぐるしてるんだろーなー。
ギアに「上等だな」っていうセリフも大好き!
頑張れ!張り合え!
しかし彼の努力むなしく、パステルは2回目もお姫様だっこだわ、
ギアがいないとなると心配するわでトラップの神経逆撫でしまくり
「そんなに気になるんなら、おめぇだけ残ればいいだろう?」
ですよ!感情こぼれまくりです、盗賊様
ただのパーティ仲間だったらこういう会話にはなりませんがな。
はい、もう認めざるをえませんね?

あなたはパステル嬢に惚れに惚れてるってことを。

そんな必死さが伝わったのか(いえ、100%伝わってません)
パステルも最後はギアに頼るのはやめて
「トラップがわたしたちのこと結構真剣に考えてくれてるの、わかってるからね」
とちょっとお目覚め。
しかぁーし!惜しいっ!惜しいよ、パステル!
正解は
「トラップがわたしたちのこと結構ものすごく真剣に考えてくれてる
でした。残念っ!

で、ようやくいつも通り愛のポカポカケンカを始めたところギアが
「特に君たち二人って訳じゃないけど仲がいいね」
って言うんですが…。ギア!あなたも間違ってますから!!
「特にあの二人が仲いい」んですから!

最後は円盤で邪念ありまくりのトラップがいて何度も落ちかけるも最後は成功。
そしてキットンが既婚者という衝撃の展開へ!
1巻のクレイ婚約者に続き、キットン既婚者!
さすが新シリーズ!恋愛ネタが続きます。
そらもう、次はあんたたちでしょうっ!!という風に解釈するトラパシスト。(当然)

いよいよ次は第3巻。最強ライバルが本格的に動き出します…。こわや、こわや。


ま、新1巻と言うこと変わんないんですが。
ちょっと私の中では「トラシロ」が目を離せない…
今回も「偉いぞ」ってストレートに誉めてみたり、
「一緒にこい」って言ってみたり…。
いいなー、このコンビ。
さすがのトラップをも素直にさせるシロって偉大。

じゃあ、あれだな。
コクる時は、まずシロで練習したらどうだろうか?
あ、却下ですか。そーですか。


posted by うみ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。