2005年07月05日

依頼2

※「フォーチュン・クエスト」((c)深沢美潮/迎夏生/メディアワークス/角川書店)の創作です。
トラパスですので、そのカップルはだめ、カップリング自体だめという方は
ご遠慮ください。










[2]
実際、ほどなくして依頼人がやって来た。
名前をクローゼと言って、優しそうな人。
ずっとニコニコしていて、ちょっと下がった目尻が笑うとさらに下がる。
眼鏡はかけてないけど、雰囲気がちょっとトマスに似てるかも。
マリーナが事情を説明して謝ったけど、全然怒る訳でもなく、
むしろ、わたしにはずっと恐縮していて
「すみません! すみません! 負担かけないようにしますので、よろしくお願いします!」
と、何度も頭を下げるものだから、わたしもついつい同じように
「いえ! こちらこそすみません! よろしくお願いします!」
とペコペコ。
うーん、我ながらつられやすい性格……。

でも、彼はその優しさのために前の彼女(ジョゼットと言うらしい)
に別れを強く言うことができなくて、つい「新しい彼女ができたから」と
嘘を言ってしまったんだとか。
そうしたら、「だったら、一度本人に会わせて」って言われて後にひけなくなった…
というのが事の顛末らしい。
ま、会いさえすれば納得するんじゃないかって、クローゼもマリーナも言ってたから、
わたしはかなり気楽な気分になった。
あ、そうそう、わたしの名前は「レティシア」になった。
慣れるために、今からクローゼもマリーナもわたしのことをその名前で
呼ぶことにしたんだけど、その度に
「……うわ、は、はいっ」
と心許ない返事をしちゃう。
だ、大丈夫かなぁ。
わたしは再びちょっと不安になってきた。
でも、もうやるしかないもんね。
そんなことを考えている間にも、明日の待ち合わせ時間や場所などの確認をして
打ち合わせは終了。
クローゼは何度も礼をしつつ帰っていった。

トラップが早々に出て行ってしまったので、わたし達はその後二人でゴハンを食べ
明日に備え、早くに寝ることにした。特にマリーナは早朝には乗合馬車で
別の街に向かうらしい。
だから、わたしは待ち合わせの場所に一人で行かなくちゃいけないんだよね……。
トラップには場所も時間も伝えてあるから大丈夫って言ってたけど、
寝坊なんてしないでしょうね?
うーーーーん、すごーくありえる……。
色々考え始めたら、だんだん不安が大きくなってきたけど、乗合馬車に乗った疲れからか
気がついたらあっという間に眠りに落ちていた。




エベリンの中心にある広場。
ここの時計塔で待ち合わせをしているんだけど、クローゼが見当たらない。
うーーん、どうしたんだろう?
心配になって時計塔の裏側に行ってみようと思った時、後ろから声がかかった。
「レティシア!」
ん?聞き覚えのある名前……って、わたしの名前だ!
慌てて振り向くとクローゼがにこにこと立っていた。
「ずっと逆側で待ってたみたいだ。気づかなくてごめんね」
あちゃー。やっぱり……。
「いえ、わたしの方こそ逆側までちゃんと確認してなくて……ごめんなさい」
「じゃ、さっそく行こうか。ジョゼットとはお店で待ち合わせてるんだ」
念の為、ここから演技に入ることになっているので、クローゼもわたしも敬語は使わない。
しかもクローゼは、ごく自然にわたしの手をとって歩き出した。
ひゃーーー。
なんか、これってデートみたいじゃない?
「彼女」を演じてるんだから、当たり前なんだけど……。
と、そこまで考えて気がついた。
トラップ!ちゃんと来てるのかな。
ちょっとだけ辺りを見回してみたけど、見慣れた赤毛は見えない。
トラップは保険みたいなものということで、クローゼには話してないから
説明して探す訳にもいかないし……。
マリーナ!
ほんとにほんとに、大丈夫なのーーーっ?!


ジョゼットと待ち合わせていたお店は、すぐ近くのおしゃれな喫茶店だった。
まだ、彼女は来てないみたい。
よかった……。やっぱりもうちょっと心の準備が必要だもの。
クローゼは慣れた様子で通りに面しているオープンカフェの部分の席をとり
イスをひいた。
「どうぞ」
な……なんかこういう扱いされるのって慣れてないから、調子くるうなあ。
わたしは小さく会釈をして、ちんまりと座った。
……トラップ、どうしたかな……。
いつジョゼットが来るかわからないので、もうあんまりキョロキョロできないしなぁ。
でも、大丈夫だよね。
座ってるだけだもん。トラップの出番なく終わるはず!

[3]へ続く


posted by うみ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FQ創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。