2011年08月22日

新フォーチュン・クエスト18巻感想

といっても前回のように箇条書き編です。すみませぬ。
しかも一歩遅れての今頃UP、誰も読まねーよ!と思いつつ。

あ。パチくださった方、ありがとうございます。
こんな辺境に…うう(´д⊂)
感想はこちら


posted by うみ at 21:59| Comment(14) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

新フォーチュン・クエスト17巻感想

地元の駅近3軒になく、別の駅の大きい書店にて発見!
やーー、トラパス具合についてはなんか楽しかった。
変に新しい展開があるんじゃなく
今までの王道フルコースで入っていたからかなー。

んで、重要なことに気付いてみた。
私、デュアンの方が2冊前ぐらいでとまってるかも…。
こっちも読んでおかないとだわ。

いつもみたいな書き方をしようとすると、また前回みたいに
口先だけで終わってしまうし、もう他の方が書いてるんだろうなーと
思うので、思いついたことを羅列方式。

というのも、先週末ずっと抱えてたプロジェクトが無事スタートして
ようやくちょこっと落ち着いたのです(感涙)
まぁまた来週から別プロジェクトが動きダスケドネー(遠い目)

続きを読む
posted by うみ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

フォーチュン・クエスト16巻読了!

相方実家というハンデを背負いつつ読みましたよ、読みました!
次の巻から本格的に色々起こりそうだけど
今回は久々にシルバーリーフの日常的なものが多くて
ちょいちょい「こんな設定SSであったな」と展開を期待してしまったり
しなかったり。(どっちやねん)

そして仕事用に持ってきたノートPC+イーモバで
こんな記事をアップしてる私。
いやー、持ってきてよかった。←おい

いつもの長い感想も書きたいけど、前回も結局途中で
終わってるしなぁ。
でも書きたいなー…。
posted by うみ at 18:26| Comment(6) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

フォーチュン・クエスト新15巻感想(1)

※いつものトラパス視点感想警報発令中


感想はこちら!
posted by うみ at 23:42| Comment(6) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

フォーチュン・クエストをここら辺でちょっと振り返ってみる

本当はいつものテンション壊れバージョンの感想を
先にアップしたかったんですが、あっちって本を片手に
引用しながらなので、めっちゃ時間かかるんですよね…。

なので、頭の中で思ったことだけで書けるこちらを先に。

前に「真面目な感想」って書きましたが、あの…書評とかじゃ
ないですよ!そんなことをできる頭は持ち合わせていません。
むしろ、改めて文章にしてみたら「トラパスと私の歴史」みたいな
頭悪い文章になりました。えへ!(えへじゃない)

そんな個人史どうでもいいんじゃい!って人、
あ、あと小説の世界は純粋に小説の世界で楽しみたい!
先生の思考を深読みなんて夢が壊れるって人は、
いつもの感想を今しばらくお待ちくださいませ…。


そして、無駄に長いです…。続きはここをクリック!
posted by うみ at 02:06| Comment(15) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

真面目なフォーチュンクエスト感想

いつものしょーもないやつも書きたいと思うのですが
今回はちょっと真面目な感想も書きたいと思っています。

というのも、私は今回の新刊って結構FQの中では
エポックメイキング(というと大袈裟だけど・笑)な巻だなぁという
思いがあるのです。

頭の中にはほとんど文章ができているんですが、
じっくり書きたいので、相方のいない時間がそれだけあるかどうか…。

せめて「そういうのを書きたい」という思いだけは
ここに書いておこうと、相方お風呂の時間中にこそっとアップ。

あ、色々パチパチありがとうございます!
この1年ほとんど放っておきっぱなしのブログにも関わらず…。
すみませんの思いとありがとうの思いが交錯しっぱなしです。
posted by うみ at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

新フォーチュン・クエスト13巻感想(後半)

※引き続きアホなトラパス感想実施中〜



続きを読む
posted by うみ at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新フォーチュン・クエスト13巻感想(前半)

※トラパス視点感想です。お気をつけあそばせ〜

……と言いつつ、今回は今までと比べると気持ちテンション低めです。
なので、「今回の新刊のトラパスがツボーーッ!!」って方は
読まない方がいいかもです。すみません!!

続きを読む
posted by うみ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

フォーチュン・クエスト外伝U感想

※トラパス視点感想です。お気をつけあそばせ〜


あー、もうFQを読み返す度に思いますね。

ビバトラパス!

と。

久々の外伝感想でございます〜。
今回から引用部分はわかりやすく色つけてます。

続きを読む
posted by うみ at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

新フォーチュンクエスト12巻(その3)

※トラパス視点感想警報発令中



感想はこちら
posted by うみ at 22:20| Comment(8) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

新フォーチュンクエスト12巻(その2)

※トラパス視点感想警報発令中


感想はこちら
posted by うみ at 20:10| Comment(4) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

新フォーチュンクエスト12巻(その1)

※トラパス視点感想警報発令中



感想はこちらから
posted by うみ at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

フォーチュン・クエスト外伝T感想

※トラパス視点感想警報発令中です。


感想書くの久々だなぁ。

で、さっそく外伝Tですが、コレも初版平成8年なんで
もう10年経つんですね〜……(遠い目)。
思えば遠くへきたもんだ。

続きを読む
posted by うみ at 20:27| Comment(9) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

新フォーチュンクエスト11巻(後編)

※トラパス視点感想警報発令中

щ(゚Д゚щ) カモンな方はこちら
posted by うみ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

2005年12月01日

新フォーチュン・クエスト(10)その3

※トラパス視点感想警報発令中








あい、スグリですよ!
かわいい、かわいい、かーわーいーいーっっ!!(ありがちな女子高生コントのセリフ…)
スグリが転んでも何もできない、とまどいキットンもかわいいーっ!!
やばいよ、この二人。セットでお持ち帰りしたいよ…。

一方、そんなシーンで「ったく、何やってるんだよ。抱き起こしてやんねえのかよ」と突っ込む某盗賊様。
あなただって、パステルが転んでもんなことやんないでしょーに( ゚Д゚)y─┛~~

ま、それは置いといて。
いざ邂逅シーンか、というところでフーリエさん登場。
あっけなく撃退される御一行。
仕方なく一旦退陣して、宿をとることに。

ふふ。
ここであのシーンですよ。
トラだけ先に女部屋にやってきてベッドにゴロン。
「パステル、腰、押してくんねえ?」
ですよっ!!
おまっ…、気分はすっかり亭主だろっ!!と突っ込みいれましたさ。
しかし、そんな亭主気分のトラをパステルは「ルーミィ乗ってあげてよ」と一蹴
素早くどいたトラに「その身のこなしなら平気じゃない?」とこれまた追撃
ぶらぼーっ!!(笑
盛り上がるトラを天然でかわすパステルが大好きです。
もう延々とそれやってて、って言うぐらい。
要はトラの生殺し状態を見るのが好きらしい。(酷…)

で、そんなパステルに言ったトラの一言は
そんなんじゃいい嫁さんにならねえぞ
です。
いやー、ここでね、「」ってキーワードが出てくること自体どーなのよ、と私は言いたい訳ですよ!
普段から異性を意識してなければわざわざ「嫁」って言葉は出てこないと思うんだよねぇ。
単に言い返すだけなら「それでもおめぇ、パーティの一員かよ」という風に「仲間」を意識したセリフだっていっぱいあるんだし。
でも「」。
意識しているからこそ出ちゃった言葉だと勝手に解釈(笑。

この後、パステルが窓を開けてそれぞれが深呼吸するんだけど、このシーン、何気に好き。
なんか二人でなごむシーンってあんまりないからさ(笑。
いや、ケンカップルなシーンも大好きなんですが。
それが大基本なんですが。
パステルはトラが「寝たまま深呼吸してる」って書いてるけど、パステルは窓の方を向いてるはずだから、「実はトラはパステルをそっと見ていた」っていう妄想なんかもしながらウハウハするのもまた楽しいってことで。
その後クレイとノルも合流して、キッスグの話になるのだけど、
情報収集しに行くというトラに対し、クレイがナイスアシスト!!
「パステル、一緒に行ってくれ!」
パーティ内に確実にトラパシストが増えてるような気がする今日この頃。
いやまぁ、クレイな無意識なんだけどね(笑
結局キットン自身も一緒に行くんだけど、ここでもまぁ、二人に漂う雰囲気が…ねぇ?

ブツブツ文句言うトラに「まるで子供みたい」とくすくす笑うパステル…。

オイオイオイ!
二人がつきあったらまさにこんな感じじゃねぇーかい?え?おじょーさん方!
(なぜか江戸っ子)

その後もイカクンテ見つけてトラがパステルの腕を「ぐいとつかんだ」かと思えば、
そのイカクンテをかわいい!と見てるパステルに「こら、行くぞ」って言ってみたり。
普通にデートシーンだよ、これ!
いーんじゃないの、いーんじゃないのー!

……が。トラのおいしい思いがそう長く続くはずもなく。
フーリエさんの奥さんと話すことになったところで、キットンに思いっきり吹っ飛ばされるというオチが。(いやオチではない)

ここら辺のキットンはつらいねぇ…。スグリは向こうの家族に完全に馴染み、尚且つ過去のことは思い出してない。トラパスの二人は「無理にここから連れて行かない」ってキットンの言葉に驚いてたけど、この時点ではキットンからはそうとしか言えないよね…。
で、そんなキットンにトラの素晴らしいフォロー。
「とりあえずスグリに会わせてもらえ」と。
タイミングと言い、内容といい的確です。人の恋愛の判断力はバツグンじゃん!
それがいざ自分となるとできないのがトラクオリティ

その証拠が次のシーン。
トラパスの二人で帰る時のセリフ。
「人と人ってさ、近いようで遠い……でもって、遠いようで近いんじゃねえのかな」
わかる。わかるよ。キッスグと自分重ね合わせてるってさ。
トラパシスト読者はわかるよ
でも、それじゃあ全っ然っ鈍感パステルには気づきませんからーーーーーーっっ!!
もうちょっとわかりやすく言ってあげないと!!
案の定パステルは頭の中がハテナでいっぱいになってます…。
ま、でもこれは「これで、おれがいなくなったら…」のセリフとあわせて
どーー考えてもトラの伏線ですよね。個人的には、どんな形かはともかく、一旦パーティと離れるのはかなり確信してるんですが、どうでしょう。

でもとりあえずフーリエさんちでスグリと会えることになったキットン。
パーティ皆でフーリエ家ご訪問です。
ところが、呼ばれてない客…モンスターまでご訪問。
そこで大活躍(というのは微妙かもしれないけど、まぁモンスター退治の全ての段階に関わったから大活躍ってことで)したのが我らがキットンですよ!!エッヘン。

が、退治したところで、フーリエ家訪問も終了。
うやむやのまま立ち去ることに。
納得いかないパステルはぶんむくれます。

ニヤリ

ぶんむくれるともれなく付いてきますよーーー!せーのっ
「だぁら、その顔、ブスだっつうの!」

はい、確かにこのお方は「その顔」と断言しています。
愛溢れるお言葉本当にありがとうございます。
しかも今回は「おでこペチッ」ですよ!!!
愛溢れる行動本当にありがとうございます。


次の日。
とうとうペルメナ出発です。
もちろん運転トラ、助手席パステルです。
で、また寝そうになるパステルに突っ込むトラ。
もうポカポカケンカに続く新名物になりそうな勢いです。


あの…皆さんドン引きかもしれませんが、この後に出てくるナゾナゾ、
私はぱっと見て下ネタを思いついてしまったんですが…。
いつからこんなダメ人間になっちゃったんだろう…(遠い目)


閑話休題。
このナゾナゾから名物ポカポカケンカが始まったところできましたよーっ!
スグリッ!!
「咲き乱れる花の向こう」から「今にも転びそうな勢いで走って」くる…。
もうこの情景だけで涙腺刺激されました。
いやもう、ここのキットンはトラの言葉通りほんと男前ですよ!
優しくて包容力あって…いいじゃーん!!

調子にのってトラが「ギューッとかチューッとかしろよ」とか言っちゃってますが。
自分がなかなか出来ない分、キットンに託したんでしょう…。
キッスグはこれでめでたしめでたしになった訳だし、
そろそろ男トラップも頑張らないとね〜。
ウシシ。
posted by うみ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

新フォーチュンクエスト(10)その2

※トラパス視点感想警報発令中







とうとう3部作にしてしまいました…orz
ダラダラとすみません…orz



では、いきます。

エベリン2日目。またもやキットンがスグリのところへは後回しでと言い出す。
なんかトラの次にイケイケなイメージのキットンがこの後ろ向き状態って
切ないんだよなぁ…。くぅぅぅ。
気持ちはわかる。わかるけど…でも、後ちょっと勇気出さないと!
なーんて思うと、ちゃんとヤツが活を入れます。
「おめえのやらなければならねえことは、ただひとつ」
「おめえ、何、怖がってんだよ!」
かーーーーーっ!かっちょえーやんか、トラ
でもきっと、これって自己投影してる。
尻込みしてるキットンに、踏み切れない自分を重ねてるような気がする。
だから熱くなっちゃってるんだな。(はいはい、フィルターフル装備観点です・笑)

そんな訳で、無事キットンを説得して、次の日はペルメナ目指して出発!
出発する時のアンドラス、いいな〜。

で、ですね。
この後トラがヒポ運転しながら
「そういや、こういう時に出てくるんだよな……」と言うんですが。
私はフィルターかかっちゃって、このセリフを勝手に
「ええ?!パステルへの恋心がこういう時に出ちゃうってか?!それを超遠回しにパステルにアピールか?!
とものっすごい勘違いしてました。_| ̄|○
いやだってね、そのセリフの直前の風景描写が
「一面の緑。眩しいばかりの若草に爽やかな風が吹き、キラキラと波を作る」
なんですよ。だから、さすがのトラも絶好のデート日和についキュンとなっちゃったんじゃないかと思ってみたり。
なので、答えが「アクス」とわかった時には己の暴走っぷりにビビりました。
やばいですか、私。そうですか。

そんな感じでひたすら移動で、最後は船!
たそがれ二人の世界モードです!!
ここのトラ、笑っちゃいけないけど笑えます。
「手すりに肘をつき、立っている」
「ファイヤーガンを手の中で遊ばせる」
「後ろで縛っていた紐を解き、だいぶ長くなった髪を海風になびかせる」

(つд⊂)ゴシゴシ
( ゚д゚)…
(つд⊂)ゴシゴシ
( ゚д゚)…

なんなの、このかっこつけっぷりはっっ!!!
なんなの、このアピールぶりはっっ!!!

あんたそんな2枚目路線だったっけ?(ひどっ)

すごいな、トラ。うん、頑張ってるよ。
それもこれもゼンばあさんのおかげか!?
キットン族偉大なり。
努力の甲斐あり、そのアピールも無事成功。
「ドキッとする程大人っぽい」ですってよ!!

んで、クレイに気遣うトラですよ。
うわー、もう、いいね。クレイとトラのツーカーの友情っぷり!
なんだかんだと言って人一倍クレイを気にしてフォローするトラ!
「自分やキットンじゃ言うこと聞かないから、パステルから言ってくれ」って
微妙にパス→クレのコンプレックスもあるのかなーとか深読みしてもみたり。
でもやっぱ大人になったよな。
そらパステルも「すごいね、トラップ」言いますがな。

いやもう、新10巻はパステルのトラ株上昇しまくり。

で、無事コーベニアに着いてディビー再会。
…って、なぜに彼女できてんのー!?一体どんな馴れ初めで…。
その彼女ニキティータとザマスママが勝手に会話をヒートアップしてる横で
ここにもツーカーの仲の方達が以心伝心をしておりました。

トラップの視線に気づきクイッとクレイの方を見たのを見て、あぁ、クレイのことねって。
その後首尾よくクレイをお医者さんに診てもらうことになった後も「ちらっと見たらトラップもこっちを見ていて、ニヤッと笑っていた」だそうですよ、奥さん。
アイコンタクト、ばっちりでございます。
でもきっとどんなにアイコンタクトが上達しても
トラップの愛コンタクトには永遠に気づかないのが我らマッパー様。
いいです。素敵です。

あ、でその会話の中でクレイが「ダメならダメって言うから」っていうのに対し、「ダメなら、ダメだって言わねえから心配するんだろ?」というトラにキュン。
お医者さんに診てもらった時も一番に「どういうことなんだよ」って詰め寄ってるし!
診てもらった後は一番最後まで頭上げずに深々とお礼してるし!
この二人の友情はほんと大好きです。

はい、で、もらった湿布をクレイに貼ってたら、その満身創痍っぷりに泣くパステル。
こうなると、黙っちゃいないのが盗賊様
すかさずクレイをボカッと一発。
ここでもう一度キットンの言葉をリフレインしましょう。
「まったくわかりやすい人ですね〜」

で、ようやくペルメナに向かうご一行。
運転席&助手席タイムです。もちろん、盗賊様ちょっかいタイムでもあります。うひ。
寝そうになったパステルを「寝るなよな」と肘で突っつき、「ヨダレ!」と嘘指摘。
それにまた期待通りの反応をするパステルを見て、大満足です。
なので「口調の割に怒った顔ではない」のも当たり前なのよ、マッパーさん!

そのパステル、後ろで唯一寝てないキットンに話しかけるも、キットンは上の空。
で、「わたしは思わずトラップと顔を見合わせた」。
もうね、「なんとなく」とか「思わず」とか書けば書くほど
深層心理が浮き上がって見えるのは私だけでしょーかっ!!
しかも、この後また「目で会話」してるしっ!!
あんたら、長年連れ添った夫婦かい!
そんな突っ込みをしてるうちにペルメナ到着…。

ペルメナ到着したらしたで、いよいよだ…と緊張してきたパステルがした行動といえば
「後ろを振り返ってみるのもどうかと思って、ついトラップを見る」ですよ!
おいおいおい。「なんとなく」「思わず」の次は「つい」ですかい!
もうなんて言うんですか。
さりげない言い訳オンパレードってやつですか?
精神的に頼ってるのが丸分かり。
ここへきて、密かにパス→トラが進行してるように見えるんですけど…。
まぁ、そんなことはトラ自身は小指の先ほども気づいちゃいねーがな!(笑
で、パステルがトラに視線をやる時は必ずトラもパステルを見てるという罠。
まぁ、そんなこともパステルも小指の先ほども気(以下略(笑

いつまでもニブニブカップルでいてください。


さて、本編ではキットンがまた迷いを語り始めます。
うぅ、こんな弱気なキットンはじめてだよ(´Д⊂)
トラップが突っ込むとパステルがトラップの袖をくいっとしてなだめる。
いいコンビやな、ほんとに。
で、ここでの会話でパステルは「キットンがパーティからいなくなるかもしれない」
という不安に突き当たります。
その時です。
背中をトンとトラップが叩いた
こっ、これだけでもキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !! って感じなのに、さらに
だぁら、そういう顔すっと、ブスになるって言ってんだろ?
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
えぇ、えぇ、「ブスだよな」じゃありません。「ブスになる」です!
ということは、そういう顔じゃなければブスじゃないという明確な意思表示入ってます。
進化だよ…。トラがちょっと進化しただよ…!
クラブにいるおじさん的に言えば「ママー、このセリフ、ボトルキープ〜」って
言いたくなるようなセリフですよ!(意味不明)

でもパステルさんはばっちりがっちりその意思表示受け取ってませんけどね。
いいの。それでこそパステル。

で、結局トラの「四の五の言ってないで行こうぜ」とクレイのダメ押しでスグリに会いに行くことに。
よっしゃ、よっしゃ!
いよいよスグリ登場〜♪

posted by うみ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

新フォーチュンクエスト(10)その1

※トラパス視点感想警報発令中





えーなんか書くの久々なんでノリを忘れてます(汗
まぁ、気にせずいこう…。

さて、前置きを。
えっとですね。最初はトラパスポイント書く感想だと絶対紫鈴さんトコとダブるからやめておこうと思ってたんですが、(旧1巻とか最初の方がさらっとしてるのはそのため)気づいたら結局トラパスポイント感想になってました_| ̄|○
気づいたところで紫鈴さんご本人に謝りましたら、「気にしないでください〜」と慈悲深いお言葉を頂戴したので、こうしてそのまま書いています。
で、リアルタイムで読んでる方は紫鈴さんの方が先ってことを知ってると思うのですが、そうじゃない方もいると思うので、ここで宣言。
パクリは私の方っす!
抗議は私の方まで。
特にこの新10巻は、紫鈴さんとこのを私も読んじゃってるんで、どうしてもかぶってくると思います。そんな箇所は「影響受けてんなー」と生暖かく見守ってください…。
はい、ではいってみよう!



えー、新10巻。
のっけからトラパスです。二人の世界です。
寝てたパステルがおでこ打ち付けてトラ大笑いの巻。
いや、もうね。絶対「ぶつけそう…ぶつけそう…」ってパステルがゆらゆらしてるところからずっと見てたに違いない。っていうか、あの感じってかわいいよね。
かわいい子が電車とかで座りながらゆらゆらしてるとかわいくて凝視しちゃう私。(怪しいって)
ましてやねー、スキな子がうつらうつらしてたらたまりまへんがな!
そして、まんまと「顔を近づける」ことに成功!
ご機嫌です。ウハウハです。「楽しそう」です。
タンコブ治療のためキットンを起こそうとするも起きやしない。
グッジョブ!さすがトラパシスト!
この絶好の機会に「水筒でタオル濡らして冷やしとけ」…と見せ場までつくっちゃいます、盗賊様。
「けっこう優しいじゃん」と好感度が1ポイント上昇。(1ポイントかよ…低っ)

さぁ、この後もトラパスシーンが続きます。
なに、この祭り。
今度はキットン話に花が咲く二人。「ふん、勝手にしろ」「うん、勝手にする」
で「顔を見合わせ、プッと吹き出した」ってあんたら…!!
できすぎな夫婦漫才…。
もうトラップ的にはね、時よ止まれぐらいの勢いだね。
このドライブ永遠なれ!みたいな。
でも二人の世界はここで終わり(笑
ごめんよ、トラ。

で、シルバーリーブ到着。
わたしゃ、びっくりしたよ。また家建ててるんだもん。家ネタはあれでもう
なくなったもんと思ってたから。でも家建つってことは当分パーティ解散も
ないってことよね〜と嬉しかったり。
ところが…。
なにやらパステルは小説書きを勧められている…。
うおー、独り立ちへの布石かー?!どきどきすんなぁ…。
で、悩むパステルにキットンはかの「世界で一番乱暴で、自己中心的な人物」のセリフを披露。うん、いい言葉だ。
トラパシスト地道に普及活動(笑
で、そのセリフで元気が出るパステルなのはよかったんだけど、結局手柄はキットンのものに(苦笑 
まぁね。トラに相談したところで直接そのセリフは聞けないしね…。
何気にキットンは人励ますのうまいよな〜。

さて、みすず旅館に戻るとクレイに小包が。
クッキーを頬張って「夢みたい」というパステルにトラは
「いいな、手に入りやすい夢で」
と言います。これをいつものごとく補足すると
「いいな、手に入りやすい夢で。おれの夢はおまえが気づかない限り全然手に入らねーよ!(涙
ってとこでしょうか。哀れ、トラップ。
で、ここでクレイの手紙の件と。
hp読んじゃったので、ここは深く追求しない方向で。
その手紙から思い悩んだ感じのクレイ。それが気になったパステルは
なんとなくトラップを見る。おいおい、なんでなんとなくトラップ見るんだよ、パステル嬢!
この辺、深層心理でトラを頼ってる感じが出てるよなぁ。
で、トラもパステルの視線に気づいて目を合わせる、と。
どうしたんでしょう、この二人だけの世界シリーズ
多いよ、新10巻!

そして再びキットン談義。
キットンがスグリと再会したらパーティ続けるかどうかわからない…と聞かされ
パステルはトラに「どうしてそういうこと言うのよ」と八つ当たりモード。
これが、新2巻辺りだと一気に険悪な雰囲気になったのに、ここではトラ、比較的スルー。
大人になったなぁ。

で、ここから春服調達になるのですが。
トラはパステルが作るというのを拒否。
でたよ、意地っ張り(笑
でたよ、小学生(笑
ほんとの本当はそう言いながらも「しょうがないなぁ。トラップの分も作っておいてあげたよ」って言ってくれるパステルをほんのちょっとだけ期待してるくせに〜

そんなこんなでようやく旅館に戻ってきたキットンは一人でスグリのいるドヌトへ行くという。
そこでトラとキットンのドタバタが始まるんだけど…
トラの「優れた野性」でヘンな想像したのは…
私だけですね、そうですね。はい、すみません(´Д⊂)

次の日にキットンは旅立つものの、何日待っても帰ってこない。
さて、ここで。「実は、三日目の朝から、トラップが様子を見に行こうかと言い出していた」とあります。
この後のクレイの件もだけどさ〜。何気にトラって人一倍仲間思いだよ。
ギリギリのとこまでは「自分でなんとかしろ」って突き放すけど、いざとなったら
「おれがなんとかしてやる」って思うような。
オトコやのう。
で、十日経っても帰ってこないので、いよいよパーティ全員でドヌトへ向かいます。
でズールの森で野宿。
ここで、各所で言われてる気になる言葉
「これで、おれがいなくなったら、おれのありがたみが身に染みてわかるんだぜ?」
が登場!
この後の「そうなってから〜」も含め、もう、これって前フリとしか思えないんですが!
いや〜どうしよう!それがきっかけでパステル嬢が「ありがたみ」だけじゃなくて
恋心まで気づいちゃったりしたらっ!!ふがー!ふがー!(どうどう…)

はい、次の日。無事ドヌトに着いたはいいけれど、ドヌトはモンスターにやられ、スグリは既に別の村へ行っているという状態。
村のおばさん達が言うにはスグリは今お世話になってるところで完全に家族になってるというし…。
そんな時、キットンに最初に声かけたのがトラ。しかも、しかり口調じゃなくて
「とりあえず会うだろ。んで、話せばいいじゃん」
と優しげ。ちょ、ちょっと。今回の件に関しては妙に親身じゃん…!
思うところがあるからかっ!!
そしてそのトラのセリフにのっかるのが、パステル。
あんたら、二人一組かい!

そんな訳で皆でペルメナに行くことなり、先立つものを調達せねば…となります。
そこで出てきたのがリセットクエストの時のオーブ。
まだ良心がいたむクレイともらっちゃえというトラ。
パステルが「トラップの言う通り、もういいんじゃない?」と言うと
トラは「パステルもたまにはいいこと言うじゃねえか」とご機嫌♪
が、その話をオーシに聞かれる(笑
トラは「宝が絡んだ話になると、普段の交渉能力が当社比三倍くらいになる」とのことですが、ついでに言えば「パステルが絡んだ恋愛アピールシーンになると、普段の会話能力・行動能力が当社比30分の1くらいになる」と思います、えぇ。

で、そのオーブを売りつけるためと冒グルへの報告のため、エベリンへ。
パステルってば、トラに「腕をギュッとつかん」で、
「トラップ、明日、頑張ってね!」
って……。罪深すぎ!!無意識なだけにねぇ。
トラ、心臓ワシ掴みされまくり。
これで頑張らない男はいないぞ(笑
これで交渉能力が当社比十倍くらいになったと思われます
(どんなアイテムより有効…)

そ・し・て。
うわぁい!マリーナ!ラブ!
相変わらずええ子や…。
だけど、こっちもいやな予感。このハントフォードってところでマリーナが
とっつかまっちゃうのかな…。それがクレイとの仲を進展させるものならば
いいんだけど…。むおーん。

さぁーてと。
いよいよきますよー!山場の1つ!!
「特別警備隊」で珍しい人に会ったというマリーナ。
「予想がつかないのは、おめえくらいのもんだ」って、「トラップが冷たい視線」。
うはー。
キタコレ。
ギアですよ、ギア!
トラ的NGワード再び(笑
もう、不機嫌一直線。
なのに、当のパステルは思い出してはきゃー!とかひゃー!とか言って顔真っ赤にしてるし。
パステルも露骨なら、トラも露骨。
すっごく不機嫌そうな顔」ですよ!
うきゃきゃ。(不機嫌が楽しい人)
そして、はい、私もここの「限界なの」はトラパスにとった人です(・∀・)人(・∀・)
NGワードを聞いたり、その時のパステルの反応見てるのが「限界」と。
トラパシストキットンがダメ押しの「わかりやすい人ですねえ」という太鼓判まで押してくれたので間違いないでしょう!(笑

その夜のマリーナとパステルの会話。
マリーナの出生が少し明らかになるのだけど。
「実はすごいところの子だった」でも「最後まで両親わからず」でもどっちにしても
とにかくクレイと幸せになって欲しいっすよ、ほんとに。・゚・(ノД`)・゚・。
そして、ここでもパステルは恋心封印宣言。
ま、いいっす、いいっす。封印すればする程、封印といた時のインパクツがあるってもんよ(にやり)。

で、次の日はオーブ(売りつけ)デート。(売りつけが入ってなきゃなんか素敵デートに聞こえるんだけど…)
またもや二人の世界です。
マリーナと夜遅くまでくっちゃべってたことをズバリ指摘され
パステルは最初「トラップの悪口」と言った後、「乙女の悩みを相談し合ってた」と白状。
トラ的にはこの後「フン」とかやっちゃってますが、実際のところ
「おい、乙女の悩みってなんだよ!なんなんだよ!すっげー気になるじゃねーかよ!!」
と突っ込みたい気分でいっぱいだったと思います。
でも、できない。それがトラ。

で、交渉開始。
不安がるパステルと目を合わせて「まあ、任せておけ」と自信満々でニヤリと返す彼。
見せ場っすよー、見せ場!!
そして結果を出す男。オーブに6万Gという値をつけさせた。あっぱれ!
パステル嬢もまんまと(?)高評価。
「トラップ、えらい。快挙!!」ということでまたもや好感度1ポイント上昇。(地道…)
その勢いにのってトラはお小遣い交渉。
ここ、完璧に「お小遣いが欲しいダンナと家計を死守したい妻の攻防」だよね(´∀`)
しかもパステルの「だぁーめ」「ふふ」の辺りにかわいさいっぱいの新妻のかほりが…。
もうトラってば色んな意味で「やりっ」だよね。

この後は華麗にジュン・ケイ登場。
そしてどうやらパーティ内ではジュン・ケイが女性ということが周知の事実ということが判明。ここについては、自分なりに補完ストーリーも書いたけど、後に原作でもフォローあったりするのかな。

うっわー、ここまで長っ!
一旦切りますね。後編も長くなりそう…。

posted by うみ at 07:01| Comment(4) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

フォーチュンクエスト電撃hp先行掲載分(ネタバレなし)

本日無事hpをゲットいたしましたっ!!
情報くださった方ありがとうございました!
郊外で一番大きい本屋行ったらありましたよ。
…一冊だけ。あっ、あぶな!

で、ネタバレなしの感想言っていいですか?
(でも一応反転に。最初・途中・後ろのどこにトラパスシーンがあるかどうかも
知りたくない方はスルーで)





序盤:にやにや
中盤:なっ……!……どわっ……!!ぐはぁっ……!
終盤:一気に話が動きそうだなぁ(少し冷静になったらしい)




はい、以上。
待ちきれず店頭で立ち読みしたんですが、中盤で私は本屋の棚に
頭ガンガン打ちつけそうになりました。身悶えすぎて。

今SS書くために新1巻読み直したところだったので、尚更
登場人物達のそれぞれの状況や行動っぷりの違いに感慨深いものが。
いやはや。

新11巻が待ちきれねーぜ!
posted by うみ at 19:08| Comment(3) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

新フォーチュンクエスト(9)後編

※トラパス視点感想警報発令中







ではヒール山のダンジョンから。いやもう、全てが懐かしいねぇ!!

これも久々、ぬりかべ(違)に遭遇。
パステルは追い詰められますが、そこは盗賊様、しっかり見ています。
すかさず自分がオトリになってぬりかべを引き付ける!
さすが慣れてるね♪ブラボウッ!!

で、黒い鏡の中へ。(早っ)
はい、マッパー様のマッピングの出番!
もれなくマッパー様のマッピングを確認する盗賊様の出番!
セット販売でお買い得!(何の話だよ)
しかもね、マッパー様が珍しく(…)合ってるにもかかわらず、ちょっかいだしてるからね。
そんでもってまたもや先頭なのに、わざわざ言いにきてるからね。
トラパシスト・キットンが
「かまってもらいたいんじゃないですか?」
と言っても誰も反対するまい…。
いやむしろ「よくぞ言った!!!」と拝みたい。エンチラーダ、エンチラーダ。
でも深く考えないパステルを拝まずにいられない。エンチラーダ、エンチラーダ。

マッピングしながら進むとダンジョンの中になぜか店。
いかにも怪しいのをわかっていながら、ついつい居酒屋の席に座るご一行様(笑

ここで重要なのはトラップが隣に座っていること!!
フード男発見して「ふと顔を寄せてきた」ですよ!
どん位寄せたんだー?!と気になる間もなく、今度は頭押さえつけ
頭痛がきちゃったパステルに今度は肩つかみ
連続技です。お見事。挿絵もお見事。

結局フード男が逃げる訳ですが、このおかげ(?)で皆様見事バラバラに。
そう、お決まりの「はぐれパステル」登場!!
もうねぇ、「はぐれパステル」のそばに名シーンあり!ですよ。
今回もとっておきの名シーンが用意されておりました(感涙

偽パステルとトラップ!!
手をぐっと引き寄せ、シリアスな目で(偽)パステルを見つめる……。
って、あんたっ!!やれば、できんじゃないのっ!!(え?そういうコメント?)
いやでも、ほぼ偽者ってわかってて、尚確認するための行動がそれかと思うと
おもしろすぎ…本当に気持ち隠せなくなってきてるねぇ、このお方。
結局キスしてないと思うけど、寸止めすんのにどれだけ勇気いったかね(笑

〜そんな妄想癖なおいらに降ってわいた黒トラと白トラの格闘寸劇〜
白トラ「ほら、やっぱり殴りもわめくもしねーぜ。こいつニセモンだよ。な」
黒トラ「でもよ、ニセモンだからこそ、今なら思い切りよくキスいただけちゃうかもよ」
白トラ「なっ…。ニセモンにしても意味ねーだろ!」
黒トラ「でも顔は同じだぜえ。本物なんかずっとできねえかもしれないんだからよ」
白トラ「…そ、そう言われりゃ…。って、説得されるな、おれーっ!!耐えろー!」

……すいません。妄想が過ぎました。でも反省はしてない(爆
で、無事偽パステル逃走で、今度こそ二人きり♪
ここの会話も全て萌え!!
しかもパステルったら、トラが偽パステルにだまされなかったことで
ニタニタニマニマしちゃってます。
うわぁい。パス→トラだぁ…(´∀`*)

そんな萌え萌え会話をしながら最後明らかになる事実。
それは…トラが道わかってたのに偽パステルに道を聞いていたこと!
マッピングネタがトラにとっていかに「パステルをからかうためのネタ」として
重要かがわかるところっすね。
合ってるかどうか、とか自分が迷ってるかどうかはどうでもいい!と(苦笑
とにかくパステルをからかいたい!と(微笑

その後無事皆と合流したものの、ドッペルゲンネル大集合!
いましたよー、偽トラップも。
本物と反対の性格になるらしく「甘い声で」パステルの耳元で囁いてます。
うっひょーー!
むしろもうちょっとその路線でパステルを攻めてくれっ!(違
いやーこの偽トラならすぐに告白しそうだもんなー。
それをまた近くで聞いちゃって超慌てる本物トラ、とか。見てーーーっ!!

毎度毎度妄想すみません…やっぱちょっと反省しておく…

そんなドッペルちゃん達もパステルの笛でドロドロに。
いよいよ真打フードファイター男の出番です。
パステルの頭痛を強めるフード男。
しゃがみこむパステル。
こういう時、絶対感情出ちゃうのが盗賊様です!
「てめぇ、パステルに何をしたんだ!!」
で飛びかかります!
いやもう、完璧ヒロイン守るヒーローのセリフと行動
男前〜!
こういうトラ、大好き!
こうやって、パステルに無意識の「トラ男前貯金」を貯めていくんだっ!!
(どんな貯金だよ)

…なんて言ってる間にだんだん総力戦となるフード男との戦い。
クレイは大ダメージ(涙
でもここのクレイはかっこよかったよ!
徐々にだけど、ちゃんとファイターになってると思うけどな、私は。

だけど、肝心のフード男はそのクレイの顔になって、その後はキム(!)の顔になり
逃走。

で、ようやくゼンばあさんのところに戻ってくると、ここでも話題はその
キム・ジンガーに。
あ、でもその前の友情シーンも好き。
パステルに無言でクレイの様子はどうなんだっていう視線送った後
「おれ、完璧頭に来た」
いいねぇ、いいねぇ!
もちろん、クレイだけじゃなく「おれのパステルに変な頭痛仕込みやがって」ってのも
込みでしょうが(笑
こういう男気大好き。

んで、キム。
これやっぱりなんか伏線って気がするんだけどなあ。
違うのかなあ。前回が伏線でここで終わりなのかなあ。
でもここでのトラの反応っぷりとか考えるとギルドうんぬんだけじゃない気が
するんだよなあ。
クレイの顔やキムの顔になったことに
「動揺しちゃったからしょうがない」って言ったパステルに
珍しくマジですぐ後ろの壁叩いちゃったりして。

「人の気も知らねえで」

って感じがプンプン。もう、ほんと最近感情出しまくりなんだからぁ♪
あ、でもそういう意味じゃ行商人も人間関係ウォッチまだまだだね。
だって、トラ動揺させるんだったら、やっぱりパステルの顔になるのが一番だもんね(笑
一番力緩めること間違いなし。




そんな訳で新9巻もこれにておしまいっ!
次回は……わーーーーん、とうとう追いついちゃうよぉ…。
posted by うみ at 08:09| Comment(2) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。