2008年11月22日

フォーチュン・クエストをここら辺でちょっと振り返ってみる

本当はいつものテンション壊れバージョンの感想を
先にアップしたかったんですが、あっちって本を片手に
引用しながらなので、めっちゃ時間かかるんですよね…。

なので、頭の中で思ったことだけで書けるこちらを先に。

前に「真面目な感想」って書きましたが、あの…書評とかじゃ
ないですよ!そんなことをできる頭は持ち合わせていません。
むしろ、改めて文章にしてみたら「トラパスと私の歴史」みたいな
頭悪い文章になりました。えへ!(えへじゃない)

そんな個人史どうでもいいんじゃい!って人、
あ、あと小説の世界は純粋に小説の世界で楽しみたい!
先生の思考を深読みなんて夢が壊れるって人は、
いつもの感想を今しばらくお待ちくださいませ…。


そして、無駄に長いです…。続きはここをクリック!
posted by うみ at 02:06| Comment(15) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

真面目なフォーチュンクエスト感想

いつものしょーもないやつも書きたいと思うのですが
今回はちょっと真面目な感想も書きたいと思っています。

というのも、私は今回の新刊って結構FQの中では
エポックメイキング(というと大袈裟だけど・笑)な巻だなぁという
思いがあるのです。

頭の中にはほとんど文章ができているんですが、
じっくり書きたいので、相方のいない時間がそれだけあるかどうか…。

せめて「そういうのを書きたい」という思いだけは
ここに書いておこうと、相方お風呂の時間中にこそっとアップ。

あ、色々パチパチありがとうございます!
この1年ほとんど放っておきっぱなしのブログにも関わらず…。
すみませんの思いとありがとうの思いが交錯しっぱなしです。
posted by うみ at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

フォーチュンクエスト新15巻読了!

さっき超勢いだけでここに初回一言感想はりつけちゃったんですが、
そうか、一応ネタバレしないようにしておくんだったっけか。

そんなことも忘れるダメ管理人。

そして、まだ全部ではないですが、いくつかトラパスサイト様を
巡ったところ、やはり私ほどバカなテンションになってる人は
いなかかった……_| ̄|○

前巻からトラパス自体に触れてなかったから妙に新鮮に
なっちゃってんのかなぁー。

まぁ、あくまでも私基準ということで


テンションおかしくてもついてこれる方はこちら…
posted by うみ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | FQその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

LOVE

ちょうど今日は時間があって、映画の日じゃん!と気づいてふらりと

ハナダン

観てきました。


あーーーもう、もう!!
久々になんか体中に幸せが走ってる!
帰り道、一人顔を緩ませながら帰りました。
えへ。

全体のストーリーとかもうどうでもよくて。
とにかく、ラスト20分くらい?友情と親の愛情とそして本人の気持ちと
それぞれが全て1つになって、これこそが「ハッピーエンド」っていうものを見せてもらって、なんて言うんだろう、こんなに満足できたからこそ、すっきりと「うん、ファイナルだね!」と思えました。

シリーズ1の1話では金はあっても愛がなかった坊ちゃんが
つくしと出会って変わり、
想いを貫く中で様々なことも学び、
自分で本当の愛を掴めてよかったなぁと、しみじみ。
ハナダンってつくしが主人公だけど、私の中では坊ちゃん成長物語でした。
このファイナルではその集大成を見せてもらった気がします。


このドラマは個人的に本当に思い入れがあって
本当は「のだ○」をやるはずが急遽NGになってハナダンになった
……ってところから追いかけてきて、
キャスト発表→つくつか以外は誰?状態→坊ちゃんの髪型を見て「これはイケるかも」とテンションあがる→1話突入。ハマる。→あまりにハマりすぎて、初めて連ドラのDVDを買う
という感じだったので、本当に感慨深いです。
F3の外見の洗練されっぷり&役者としてのステップアップぷりも感慨深くって、
ドラマで初めて「えっふぉ!えっふぉ!」(笑)と叫ばれてた時は
やっぱりちょっと無理して頑張ってる感が漂ってたんだけど
(それはそれで当時は楽しかったんだけど)
今回スクリーンでF4が揃った時、心から「かっちょえぇぇ!」と思えて感動しました。
つか、今まではつくつかの二人のシーンがとにかく見たかったんだけど、今回初めてF4シーンをもっと見たかったと思ったもん。
すごいあうんの呼吸ができてて、さりげない会話でも絆みたいなの感じて。
多分、普段から本当に仲が良いのと、3回目という時間と、それぞれの役者としての成長が生んだものなんだろうなぁ。
ほんと皆かっちょよかったです。

でも、やっぱりこの作品が成功したのって原作をちゃんとリスペクトして作ったスタッフと、元々原作を読んでいたという奇跡の役者カップル真央&マツジュンの作品への愛情の賜物だと思う訳です。
で、それは映画になってもオリジナル脚本になっても変わってなくて
特にそれはエンドロールでひしひしと感じました。
(エンドロールの二人超かわいい!)
きっとスタッフもキャストも「これがラストだからここまではファンに見せたい」っていう思いがあったんだろうなぁって。
その思いも含めて、なんかすごく感動しました。

こんなに愛されてる作品ってないよなぁって。
幸せな作品だよなぁって。

つくつかの二人のラストにも幸せになったんですが
この作品のきれいな昇華自体にも幸せになれた、そんな作品です。
ずっとこの作品追っててよかった。



とりあえずDVD購入決定(笑

2008年01月12日

新14巻読了

いつものくだらない感想はまた別に書くとして。
今回の巻を一言で言うと


冥土&メイド


ということでよろしいでしょうか。

にしても、アクセスが新刊シーズンになりましたね〜。
目新しいものなくてごめんなさい。
やりたいことは色々あるのだけれども……。

パチレス

2007年12月21日

[SS]もうひとつの 使命 の後書き

うーん、「どんだけ〜!」という言葉がふさわしいくらい久々のトラパスSSです。
クリスマスUPぎりぎりでしたね〜。
別に内容はメリクリじゃないですが(汗)

続きはSSのネタバレ含みます
posted by うみ at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説という名の言い訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[SS]もうひとつの 使命 

私の作品の中では一番甘々だと思います。
でも短めなのでさっくりと、どうぞ。

※「フォーチュン・クエスト」((c)深沢美潮/迎夏生/メディアワークス/角川書店)の創作です。
トラパスですので、そのカップルはだめ、カップリング自体だめという方は
ご遠慮ください。



本文はこちら
posted by うみ at 01:18| Comment(1) | TrackBack(0) | FQ創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

新14巻表紙

今更みました。
見事にピンクから黒に…。
あれってやっぱりマリーナ?
表紙にパーティ以外の人が載るのって…かなり久々ですよね。
新5巻のミモザ姫(ですよね?それともミモザ姫の格好してるパステル?)以来かな。

新13巻がトラップ・パステル、
新14巻がクレイ・マリーナ。

意図したものなのか、どうなんだー…。


さて、TraPasteLinksですが、移転しました!
お手数かけますが、更新のついでか何かにリンクの修正をお願いいたします。

yukaさん、色々ありがとうございました!
posted by うみ at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | FQその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

新フォーチュン・クエスト13巻感想(後半)

※引き続きアホなトラパス感想実施中〜



続きを読む
posted by うみ at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | FQ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。